自然の草花で色水

自然の草花で色水あそび

夏になると色々な草花が目につくようになります。

公園や路地にもオシロイバナや、黄花コスモス、洋種ヤマゴボウ、青しそ、赤しそ、朝顔 などなど

 

集めた草や花びらを水を入れたプラカップの中でもみだします。少し力のいる作業ですが、だんだんと色がでてきます。

 

ビニール袋でもみだすと簡単なようですが、次の作業の事を考え、ここではカップを使用します。

 

自然の草花で色水
自然の草花で色水

 草花ごとに 色とりどりの色水ができました。

春に絵の具での色水あそびをやりましたが、自然の草花の色水の力強さ、色の鮮やかさには おどろかされますね。吸い込まれるような透明感のある色水が沢山できました。

これ 本当に自然の色味ですよ。

すごいですね。

 この素敵な色水、さて どうしましょう?

持って帰りたいけど このままでは・・・。

 

という事で、今回はスライムにしてしまいます。

 

分量をはかり間違わないように、色水と洗濯のりとホウ砂溶液をよく混ぜて 混ぜて 混ぜて・・・

 

一通り遊んだ後は ビニール袋に入れてお土産に。

 

花びらなんかも入れておくと それはそれで 涼しげです。

 

冷蔵庫で冷やしておくと 夏は保冷剤のような感じで楽しめます。 ひんや〜り気持ちよいです。

 

 

それと スライムにするときに朝顔の色水は色が変化します。それも楽しいですよ。どんな風に変化するかは是非やってみてね。

 

 

 今回はどれがどの草花かの記録がしてありませんが、ぜひその記録を取っておくとよいです。ビニールにマジックで書いてしまってもよいでしょう。

 

 

緑色も朝顔の葉とオシロイバナの葉では色味が違います。


あと オシロイバナの種から白い粉を取り出してとかしてみると 乳白色の色水ができます。これも素敵です。